So-net無料ブログ作成

別れの日。 [大ちゃん(=^・^=)]

2008_03030020.JPG

 

絶命した大ちゃんを発見した日・・・
以前から、もしものときのためにと下調べしていたペット霊園に火葬について問い合わせました。
幸い、翌々日は旦那も休みなのでその日を希望し、中1日は家で安置する事に。
結果的に、これがベストな選択になりました
翌日、すぐに火葬という事にしてしまっていたら、あまりにも別れが早すぎて
とてもとても…、気持ちがついてゆけない[失恋]

それに、旦那が丸一日休みというのもスゴ~ク珍しくて(実際数ヶ月ぶりだったと思う)
ゆっくり二人で送ることが出来たから。
たまたまだったといえばそれまでだけど、大ちゃん自身がそうしてくれたような気がしてならない。。。

翌日、ペット霊園から紹介されたお店で母にドライアイスを買ってきてもらい(実家の近所だったので)
いよいよ箱に納めなければなりません・・・
とはいえ、いくらまだ暑い日だったからとはいえ、ドライアイスを体に当てるなんて出来ない[もうやだ~(悲しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
でも刻々と気温は上昇していくのでやむを得ず[たらーっ(汗)]
フタを閉めたのだけど、その日は何度となくフタを空けて顔を見てしまった。
冷気が漏れるから良くないことはわかっていてもついつい。

そして翌朝。
遺体を包んだブランケットの上に、写真や好きだった食べ物、猫草、マタタビなどを。

IMG_1604a.jpg

亡くなった日に母から貰ったまぐろのお刺身。
大ちゃんの調子がイマイチと話していたので、じゃあこれ食べさせてあげてと冷凍庫から出してもらったもの。
最後に食べさせてあげたかったなぁ・・・
 
13時。碧雲ペット霊苑さんに到着。
こちらはお寺(碧雲寺)がやってる霊園です。
火葬のみの依頼でも、ご住職が在山しているときは簡単に儀式をやってくれるそうです。
最初、電話で相談したときには午前中を希望していたのですが、午後なら住職がいるとのことで
この時間となりました。

               

               これは旦那のfacebookのスクリーンショットです。
hekiunnji.jpg
立派な祭壇でした。
そして、ご住職のお経も想像していた以上に長く丁寧で、ありがたかったです。
読経後の説法も心に沁み、やはり涙は出てしまったものの、心が落ち着いた気がします。

そして、いよいよお別れです。
焼却炉の前で、最後に抱き上げたときはあまりにカチカチの感触で悲しかったけど
何とか無事見送ることが出来ました。
そして40~50分後、お骨拾いで骨壺に納め、自宅へ一緒に帰ってきました。

IMG_1610a.jpg
袋のシールには「〇〇家 大ちゃんありがとう 平成二十五年九月一日亡 十七歳」と印字してあります。

出来る限りの供養は出来たと思います。
埋葬は今のところ考えておらず、気の済むまで手元に置いておくつもり。



お供えしても・・・
IMG_1623a.jpg 泥棒猫がっ!!(^_^;)

でもまぁ、食べられても良いかなと。
人間の仏壇に供えたものでも、後から食べたりすることあるし、
ピコがその役割を担っているのでしょう・・・

大ちゃんが亡くなった後、しばらくはピコも探している?ようなソワソワした感じがあったけど、
数日でもう忘れたようで・・・[ふらふら]
時々は会わせていたものの基本的には別室だったし、仕方ないけど。
今や、我が物顔で家中走り回ってます[ダッシュ(走り出すさま)]
 

【おまけ】
先日、過去の画像をいろいろ見ていたら、こんな動画がありました。
20秒足らずで短いけど、も~う、カワイ過ぎ[黒ハート] 


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 3

コメント 8

あーyan

やはりミルクの時を思い出して
kasuminさんの気持ちを思うと自分の事のように涙が流れてしまいます。

しっかり立派にご主人様と供養が出来て良かったですね。

ミルクの動画も1つだけ携帯に試し撮りで残っていたのですが
相変わらずPCにUPの仕方が分からないです。

大ちゃんはkasuminさんと暮らせて幸せだったと思います。

最期を看取れなくて後悔しているみたいですが
大ちゃんは充分にkasuminさんの愛情を受けて
感謝して虹の橋を渡ったと思いますよ。


by あーyan (2013-10-14 22:01) 

ryang

いろいろ、もっとこうすればよかったとか
ああしてあげればよかったとか、いろいろ思うことが
出てきて、悲しい気持ちになりますよね。

大ちゃんへの供養、ちゃんとできて良かったです。
たくさん一緒にいることができて、大ちゃん幸せだったと
思います。
by ryang (2013-10-14 23:28) 

栄子43

大ちゃん最後まで頑張ってくれたんだね。
kasuminさんが数時間留守をしてる間に逝っちゃうなんて辛すぎるね。
最後くらい看取らせて欲しいと自分の猫でもそう思うよ。

だだね、実際目の前で逝ってしまったとしても、やっぱり後悔は残るんだよね・・・
私は、20年位前に前に一緒にいた子が死んじゃったんだけど、その時は目の前で逝ってくれました。
まだ6歳と若かったし、元気が無いようでもなかったんだけど、もっとちゃんと様子見て、病院に連れて行ってあげられたら良かったのに・・・って思いました。
悲しくて悲しくて、仕事休んでしまったし、1年くらい部屋の扉を閉めて寝られなかった。

そうそう、その時は動物霊園の事なんて知らなくって、一度は保健所に持っていったの・・・・ゴミ捨て場に置いて行ってくださいって言われてその通りにしたんだけど、ゴミと一緒・・・って思うと悲しくて、知り合いの獣医さんに電話して動物霊園の話を聞いて、その夜に又連れ戻しに行って、翌日無事に葬儀をしてもらいました。

大ちゃんのことをメッセージくれたときも何て言って良いか分からなかったし、ブログアップしたときも何て言って良いかわからなくてごめんなさいね。

あーyanさんも声を掛けてくれたんだけど、今まで来れなくて・・・

大ちゃんの分もピコちゃんを愛して上げてください。

大ちゃんは今頃虹の橋の向こうで元気に走り回ってると思います。

いつか逢える日まで待っててくれるよ(^_^)


by 栄子43 (2013-10-15 13:30) 

ちあべい

時間が経ったとはいえ、また思い出して辛いね・・・。
あたしも、ジェシーの時は最後病院で見てもらってて、うちらだけ一度家に帰った時に電話があって・・・・。
病院から引き取りに行って帰るとき後悔しっぱなしだった。
なんでいてあげられなかったんだろうってね。
まー、これは仕方ないことなんだろうけどね。
うちもね、何年も遺骨おいてたんだぁ。
何となく置いておきたかった・・・。
ようやく、今年お墓に入れてあげられました。

きちんと最後までしてあげられたことはほんと、供養になったでしょう。
そうそう、向こうで沢山の仲間達とまってるよ~(^O^)/
トムとジェシーにも会ったかな?

あら~泥棒猫さん(笑)
うちのようなデビルにならないでね(^^;)
お供え物食べると風邪引かないって言うよね。
だから病気にならないよ~(^^)

やっぱり探してるのかな・・・
うちもそーだったもんなぁ。
ピコちゃ~ん、大ちゃん何か言ってた?

by ちあべい (2013-10-16 11:51) 

kasumin

あーyanさん

そうだよね、思い出しちゃうよね・・・
状況は違えど、同じような心境で過ごして今に至ってると思うし。

そう、まさか最期を看取れないなんて思ってもいなかったからショックで。。。
でももうくよくよしてても仕方ないよね。
コメント、慰みになりました、ありがとう。

ミルクちゃんの動画、見たいなぁ。
YOUTUBEに何とかUPできたら良いのだけど。
もしチャレンジすることがあってわからないことがあったら聞いてね(^^)v
by kasumin (2013-10-16 19:55) 

kasumin

ryangさん

いつもありがとうございます。
(誤って削除してしまいましたが)前回のコメント同様、
非常に慰められました。感謝です。

私もこの17年間幸せだったので、精一杯冥福を祈ろうと思います。

by kasumin (2013-10-16 19:58) 

kasumin

栄子さん

まさか看取ることが出来ないなんて思ってもいなかったの。
その日もいつもと変わらなかったし。
静か~に逝ってしまったみたい。
ただ、苦しむ姿を見ないでいられたから、それは良かったのかな・・・

栄子さんもつらい経験しているんだね。
ゴミと一緒ではさすがに悲しすぎる!
無事連れ戻すことが出来て良かったね。

栄子さんはブログ見ていてくれてるだろうと思ってたし、気持ちはわかっていたつもりです(^^)
こういうときのコメントの辛さは、ミルクちゃんのときに経験しているからね。
どうもありがとう。
by kasumin (2013-10-16 20:07) 

kasumin

ちあべいさん

そっかー、ジェシーちゃんもそうだったんだね。
電話があったときはショックだったでしょう・・・

遺骨は連れて帰ることに迷いはなかったの。
今後の事はわからないけどね。
今はまだ離れられない^^;

ピコね~、既にデビル化してるよ。(笑)
ある意味、猫らしい?猫かな。
大ちゃんは行動がおっとりしていたけど(キレると怖かったけど)
ピコはちあべい家のデビルズ系だと思う・・・(^_^;)
by kasumin (2013-10-16 20:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。