So-net無料ブログ作成

百か日。 [大ちゃん(=^・^=)]

2008_08100011.JPG

 今日で、大ちゃんが他界して100日になります。
いわゆる百か日というやつです。
特に何をしたというわけではありませんが。
(いつも心に思ってますからね…)

未だにいろいろ思います。
一番思うのはやっぱり、もう一度会いたいなぁという事ですが[もうやだ~(悲しい顔)]
ただ最近、こんな事がありました。
ある友人とお喋りしていて、彼女にはまだ大ちゃんの訃報を伝えてなかったことを思い出し、話したのです。
(現在も過去も動物を飼った経験がない彼女だけど、かなり前に大ちゃんに会わせた事があったので)
最初は「え~っ!!」って驚いていて、その後私が「号泣しちゃったよ…」と話し始めたら
その彼女、何と大笑いしたのです[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
そして「もうじき百か日なんだ~」と続ける私に、さらに笑いは止まらず[たらーっ(汗)]

まぁ、動物と暮らしたことのない人なんてそんなもんかなぁ…と怒る気にもならなかったのだけど。
ただ、その後!
その友人は「ごめん、ごめ~ん」の後にこう言ったんです。
「でも大ちゃん、Kasumiちゃんと一緒で幸せだったよね」と。

別に笑ったことを挽回しようとかそういう感じじゃなくて、何気なく言った言葉だったのだけど・・・
あぁ私、これが一番気がかりなことだったんだ。。。と気づいたのです[ひらめき]
で、こんなにも気持ちが軽くなる言葉だったんだと。
そして更に、私の最期を看取ってくれる人がいたら、そう言って欲しいなとさえ。(笑)

今思えば、大ちゃんが亡くなった直後、ブログでお知らせした後、いろんな方から
同様の事をコメントしていただいたように思います。
(私のミスで全削除してしまったけど[ふらふら][たらーっ(汗)]
ただ、そのときはまだ気持ちが追いつけなかったというか、ただただ悲しくて
そんな優しい言葉も(感謝はしていたけど)、実感として受け止められてなかったように思います。
やっとそういう時期が来たし、その友人の言葉もタイミング良かったのでしょう。

あと、ピコの存在も大きいかな。
正直、大ちゃんが亡くなった直後はあまり愛情を注げず・・・
大ちゃんが居た場所にいたりすると複雑な気分になったり。
でも今はそんな時期も過ぎ、心底愛おしく思えるようになり、
その頃からかな?
ピコの性格もどんどん幼くなってきたというか、すごく私に対して甘えるように[揺れるハート] 
外から私が帰ってくると、肩に飛び乗って顔をベロンベロン・・・犬みたい^^;

大ちゃんの使っていたベッドがお気に入りの場所のひとつに。

IMG_1914 IMG_1913
IMG_1916 IMG_1915

体も大きくなり、大ちゃんのピーク時の体重を超えました[グッド(上向き矢印)](よく食べるし~)


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。